ビジネスバッグを長く使用するための素材ごとの手入れ方法

ビジネスバッグは、相手からの印象にも関わってくるので見た目が非常に重要です。

マナーでもあるので、常に綺麗な状態を保っておく必要があります。

そこで、ビジネスバッグの主要な素材であるナイロンとレザーについてそれぞれ手入れの方法を紹介していきます。

ナイロンのビジネスバッグの手入れ

最初に紹介するのは、ナイロン素材のビジネスバッグを手入れする際の方法です。

使用している人も多いナイロン製ですが、少しのことに気を付ければ、手入れをしやすいビジネスバッグとなっています。

ナイロンのビジネスバッグの手入れの頻度

ナイロン素材のビジネスバッグは、1ヶ月から2ヶ月程度に1回ほど手入れを行うことで、長く綺麗に使用することができます。

この際の手入れの方法に関しては後程説明していきますが、それほど厳密に行う必要はありません。

そのため、手入れに慣れていない場合にはおすすめのビジネスバッグと言えるでしょう。

ですが汚れがついてしまっていたり、夏などのように汗がついてしまうような季節は、すぐに対処することで綺麗な状態を保つことができます。

濡れたタオルで拭く

汚れが軽い場合には、水で濡らしたタオルでビジネスバッグの表面を拭き取ることで綺麗にすることができます。

特に汚れている部分に関しては、ただ単に拭くのではなく、汚れ部分をタオルで叩くことで、汚れを取ることができます。

これでも取れないような汚れの場合には、タオルを濡らす際の水に中性洗剤を入れて、薄めた状態のものを使用することで対応することができます。

この際に洗剤の濃度が濃すぎてしまうと、カバンが傷んでしまうので注意が必要です。

この際に使用する水の温度は、高くてもぬるま湯程度に留めておきましょう。

温度が高いもののほうが汚れが取れるという場合もありますが、ナイロン製のビジネスバッグの場合には、温度が高すぎると生地が傷んでしまい、手入れをしているにもかかわらずダメージを与えてしまい、寿命を短くしてしまいます。

中性洗剤を使って洗う

ナイロン製のビジネスバッグの汚れがひどい場合には、ぬるま湯で手洗いを行うことができます。

ナイロンの特徴としてレザー素材よりも水に強いということがあります。

そのため、ぬるま湯ならば素材を傷めずに洗うことができるのです。

ですがその際に洗濯器を使用することはできません。

洗濯機の場合はカバン本体への衝撃が大きくなってしまうので、逆にダメージを与えてしまいます。

手洗いを行う際のポイントとしては、こすらずにできるだけ優しく洗うことです。

またその際には、底板もきちんと外しておきましょう。

手洗いを行った後には、必ず完全に乾かす必要があります。

濡らしたままの状態で放置してしまうと、いくらレザーよりは水に強いとはいえカビなどの原因になってしまいます。

そのため、必ず干して完全に乾燥させてから使用しましょう。

干す際には形を整えて陰干しで行ってください。

形を整えてから干さないと、形が崩れて変形した状態になってしまうことがあります。

また直射日光に当てて干すことでも形が崩れる原因になってしまったり、色が変色してしまう恐れがあります。

レザーのビジネスバッグの手入れ

続いて紹介するのは、レザー素材のビジネスバッグを手入れする方法です。

ナイロン素材に比べて手入れには力を入れなければいけませんが、きちんとこまめに行うことで、長く使用することができます。

レザーのビジネスバッグの手入れの頻度

レザー素材のビジネスバッグは、使用するたびに手入れをするのが理想です。

ですが実際に働きながらビジネスバッグとして使用している場合には、毎日手入れをするのは難しいでしょう。

そういった場合には、月に1度程度でも綺麗な状態を保つことはできます。

ブラッシングと乾拭き

最初に紹介するのは、ブラッシングと乾拭きです。

この手順だけは、使用した日には毎回行うようにしてください。

最初に乾いた布で優しく乾拭きを行い、その後専用のブラシで優しくブラッシングを行います。

これにより表面についている汚れを取ることができます。

また乾拭きに関しては、レザーの表面にツヤを出す効果もあります。

常に綺麗な見た目を保つためにも、毎回行うようにしてください。

オイルクリームを塗り込む

ここからは月に1度程度は行うようにしてください。

続いての作業は、オイルクリームを塗り込むことです。

専用のオイルクリームを1円玉程度の大きさ取り、乾いた布で薄く全体に伸ばしていきます。

これによりレザーに栄養を補給することができ、良い状態を保つことができます。

ですがこの際にオイルクリームを塗りすぎてしまうと、シミの原因になってしまいます。

オイルクリームの量は多ければ良いわけではないので、適量をしっかりと薄く伸ばしましょう。

オイルクリームを塗り終わった後には、なじむまで乾燥させてから使用してください。

防水スプレーを吹きかける

続いては防水スプレーです。

レザー素材は水に非常に弱いので、防水スプレーを吹きかけることでカバンを守ることができます。

また、汚れが付くのを防ぐ効果にも期待することができます。

こちらに関しても全体に適量吹きかけ、きちんと乾かしてから使用してください。

また、防水スプレーを吹きかけたからと言って過信しないようにしてください。

水に濡れた場合には、シミになってしまう恐れもあるので、毎回きちんと拭き取りましょう。

まとめ

ビジネスバッグの状態は、その人を表していると判断されてしまいます。

そのため、プライベートで使用するカバンよりも手入れに気を使う必要があります。

相手に悪い印象を与えないようにするためにも、最低限の手入れはできるようにしておきましょう。