ビジネスバッグに使用される革素材の1つである合皮とは

その見た目や素材感から、ビジネスバッグに革素材を使用したいという人も多いでしょう。

愛好家も非常に多い素材です。

ですが本革の場合、手入れなども必要なため使うのが不安という人もいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、同じく革素材である合皮です。

そもそも合皮とは

ビジネスバッグに使用されることの多い素材である合皮。

まずはこの合皮とはどのようなものなのかを紹介していきます。

合皮とは

合皮は、革素材の1つですが、実は生き物の皮を使用していない完全な人工の革素材です。

天然の布地にポリ塩化ビニルやポリウレタン樹脂といった合成樹脂を塗布することで、天然の皮革に似せています。

日本語の合皮という言葉だと、何か皮を合わせて作ったかのようにも思えてしまいますが、英語に直すと「fake leather」(本革は「real leather」)と呼ばれ、直訳すると「偽の革」となり、本物の革でないことがわかります。

合皮の特徴

続いては合皮の特徴を紹介していきます。

天然の生き物の革ではなく、人が使いやすいように作られた人工の革である合皮だからこそもつ特徴がいくつもあります。

良い特徴も悪い特徴もどちらもありますが、それらを踏まえて自分に合った素材であるかを考えましょう。

品質に差が出ない

合皮では、布生地に決められた合成樹脂を塗布することで作られています。

どの樹脂を塗るかによって品質や性能が決まってくるので、一定の品質でビジネスバッグを作り上げることができます。

ですが本革の場合、素材となる生き物の種類だけでなく生活環境などによって品質が変わってきてしまいます。

極端に言えば、同じ個体の革を使って作り上げない限り、革の状態や品質に差が出てしまいます。

ですが人工で作り上げる合皮ではそのようなことが無いので、常に一定の品質を保ったビジネスバッグを購入することができます。

耐水性がある

本革の場合、水がしみこみやすく、水に触れた部分がシミになってしまうことも多いのが欠点です。

ですが合皮の場合、表面に塗布した合成樹脂が水を弾いてくれるので、耐水性を持っています。

この耐水性は、ビジネスバッグの場合には重要な要素になってきます。

ビジネスバッグは仕事がある日は基本的に毎日使用することになります。

営業職などの人の場合は、屋外へ持ったまま移動することが多いという人もいるでしょう。

そのためビジネスバッグの使用シーンでは、突然雨が降ってきたりして、濡れるのを避けられないような時もあります。

そんな時に耐水性のある合皮なら、雨によりカバンが劣化してしまうのを防ぐことができるのです。

本革に比べて安価

合皮は本革とは違い、人の手で作り上げることができる素材です。

そのため、同じ革素材である本革に比べて、制作にかかるコストが低くなっています。

結果、ビジネスバッグ本体の値段も安価になっています。

革製のビジネスバッグの場合、メンテナンスを怠ると場合によっては買い替えなければいけないようなこともあります。

そのため、買い替えなどを考えた場合には合皮の方がおすすめだと言えるでしょう。

完全には革を再現できない

合皮は塗布剤を使って型押しして作ることで、革の質感を人工で再現しています。

そのため、光沢などの見た目では革の素材感を楽しむことができるようになっています。

ですが、実際に触ったりしてみると、触り心地や革特有の匂いといったものは再現することができません。

また本革特有の、使用していく間に革が馴染んでいき、変化していく様子なども味わうことができません。

品質に差は出ませんが、革ごとの傷や色合いの違いといったものも現れません。

そのため、本物の革が好きという本物志向の人には物足りなさを感じさせてしまうでしょう。

長持ちしない

合皮は本革に比べて、劣化しやすいため長期間にわたって使用することができません。

合皮に使用される合成樹脂はポリウレタンを筆頭に、空気中の水分と結合してしまいます。

すると加水分解という現象が起きてしまい、表面の合成樹脂が分解されてしまい、素材が劣化してしまいます。

この加水分解による経年劣化は、使用しているときはもちろんのこと、家などに置いてあるような使用していない状態でも進んでしまいます。

そのため、どうしても合皮のビジネスバッグは3年程度で劣化して使用できなくなってしまいます。

経年劣化が進むと、表面の樹脂が分解されることでヌルヌルしたり、表面がひび割れていってしまいボロボロになってしまいます。

特にビジネスバッグに関しては、相手からの印象にも関わってくるものでもあるので、劣化が始まった場合には、すぐに別のものに変える必要があります。

定期的にメンテナンスをすることで寿命を長くすることもできますが、劣化の兆候が見えた場合には買い替えるなどして別のビジネスバッグに変えるようにしましょう。

まとめ

ビジネスバッグの素材として合皮を選ぶという人も増えています。

値段や手入れの簡単さもあるため、ビジネスバッグに向いている素材です。

ですが、そこには人工であるが故、本革には劣ってしまう部分があるのも確かです。

合皮の特徴をしっかりと知って、自分が求めているものかどうかを判断してください。