皮膚科」タグアーカイブ

ライスフォースでもダメなら皮膚科へ行こう

ライスフォースによる保湿が先決!それでもダメなら皮膚科へ

ライスフォースと美容液

乾燥肌や敏感肌をほうっておくとカサつきや肌荒れがひどくなってしまいます。

みなさんは朝晩スキンケアをしていると思いますが、洗顔をしてライスフォースの化粧水をつけたあと、きちんと保湿をしていますか?保湿剤とは、ジェルや乳液、クリームなど、保湿効果のある基礎化粧品のことです。どのタイプでもかまわないので、必ずひとつ用意しておきましょう。

ライスフォースの美容液をこまめに塗る

もちろんおすすめはライスフォースの「ディープモイスチュアエッセンス」です。ライスパワーエキスNo.11を最大容量配合した美容液で、保湿効果が抜群に高い保湿剤です。

すでに保湿剤を持っていて、使い心地がいいのであれば、そのまま使っていてかまいませんが、効果が少なければディープモイスチュアエッセンスに変え、少し多めにぬってみてください。保湿剤をこまめにぬって、皮膚を外部の刺激から守ってあげましょう。

きちんと保湿をすれば、肌にうるおいが戻ってきて、荒れにくくなります。

皮膚科では保湿剤やステロイド剤で治療する

皮膚科医

皮膚科では保湿剤の軟膏やステロイド剤のぬり薬などで乾燥肌を治療します。ひどくなる前に皮膚科で治療を受け、肌の状態がよくなったらセルフケアに切りかえるのもよい方法です。

保湿のセルフケアを2週間ほどつづけても改善しない場合には、皮膚科を受診しましょう。皮膚科では保湿剤の軟膏やステロイド剤のぬり薬などで乾燥肌を治療します。ひどくなる前に皮膚科で治療を受け、肌の状態がよくなったらセルフケアに切りかえるのもよい方法です。