シワ」タグアーカイブ

シワに悩む女性のための正しいスキンケア教室

小ジワを深いシワにしないために今すぐしっかり保湿&UVケアを

シワとライスフォース

UV-Aが真皮の組織に傷をつけてシワができる

目元や口元に小さなシワをみつけると、肌の老化を実感してしまいますね。実際に小ジワは30代になるとあらわれる人多いようです。シワの最大の原因は、紫外線のなかのUV-Aです。UVAは皮膚の奥の真皮にまで達し、ダメージを与えます。真皮には肌の弾力を保つコラーゲンやヒアルロン酸がありますが、これらが傷つくことで弾力が失われシワができるのです。

エストロゲンが減るとコラーゲンも減少

コラーゲンやヒアルロン酸の量には、女性ホルモンのエストロゲンが関係しています。更年期を迎える頃にシワが増えるのはエストロゲンの減少によってコラーゲンやヒアルロン酸も減るためです。

更年期前の女性でも、ストレスなどによって女性ホルモンの分泌に影響が出ると、エストロゲンが減ってしまいます。そのほか、皮膚の乾燥や、いつも同じ表情をしているといった表情グセもシワに。小ジワをみのがしていると、やがて深いシワが刻まれるようにーできてしまったシワを深いシワにしないように、はやめにケアしましょう。

セルフケアの方法

ライスフォースで肌の乾燥を防ぐ

ライスフォース

乾燥を防ぐために、 ライスフォースの化粧水「ディープモイスチュアローション」や、保湿クリームの「ディープモイスチュアクリーム」で、しっかり保湿をしましょう。ぬるときは顔の中心から外に向かってぬるようにすると、シワやたるみの予防になります。ただし、肌をこすらないように気をつけて。

紫外線を防ぐ

日焼け止めを欠かさずぬりましよう、紫外線は曇りの日にも地表に届いているので、曇っていても油断は禁物。ガラスを通すので、車のなかや窓の側にいるときも注意が必要です。

レチノール配合の化粧品を使う

シワを改善するレチノール(ビタミンA)を含む化粧品を使います。肌に合わない人もいるので、少しずつ、様子をみながら使いましょう。

食事でコラーゲンやヒアルロン酸をとる

食事やサプリメントから、コラーゲンやヒアルロン酸を補給しましょう。食品では、鶏の手羽先やかれいなどに多く含まれています