投稿者「minnano-riceforce」のアーカイブ

たるみに悩む女性のためのスキンケア教室

口元や頬のたるみにはガムを噛むのが効果的

たるみに悩む女性

UVAが真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊

「目尻が下がってきた」「普通にしているのに口がへの字にみえる」「あごのラインがすっきりしない」。これらはすべてたるみのサイン。思い当たることはありませんか?

たるみのおもな原因は、シワと同様に紫外線のUV-Aです。真皮には、コラーゲンやエラスチンという繊維状の組織があり、肌の弾力を保っています。これらの組織はUV-Aを多く浴びると、細くなったり切れたりして弾力が失われます。そのため皮膚が重力で下がってきてたるみができるのです。また、皮膚の乾燥もたるみを進めてしまいます。

「かむ」運動で顔の筋力をアップ

一度壊れた真皮の組織をもとに戻すのは難しいのですが、頬や口元の筋力を強化することで、皮膚がたるむのを防ぐことができます。そのためには、毎日ガムをかむなど、「かむ」運動を意識的におこなうと効果的。保湿や紫外線対策、コラーゲンなどをとるのも役立ちます。

こうしたセルフケアで劇的にたるみが改善するわけではありませんが、日々のケアの積み重ねで、ハリの保たれた元気な肌をキープすることができます。

たるみの予防とセルフケア

よくかんで口まわりの筋肉をきたえる

ガムを1日20分間、左右の奥歯でかむ。食事のときもよくかみましょう。1日20分、ガムをかんで、頬や口元の筋力をきたえましょう。ただし、片側の歯だけでかんでいると筋肉のつき方に左右差ができてしまうので、必ず右の奥歯で5分かんだら左の奥歯で5分というように、両方の奥歯を使ってかむようにしてください。また、食事のときも、よくかむ習慣をつけましょう。

ライスフォースで保湿する

スキンケアでは、保湿に重点をおき、乾燥を防ぎましょう。特にライスパワーエキスを配合した保湿に優れる「ライスフォース」なら、しっかりと肌の水分を保持してくれます。日中でも乾燥が気になったときは、保湿剤をぬりましょう。

紫外線を防ぐ

たるみの進行を防ぐために、紫外線対策をしっかりおこなってください。スキンケアの最後に必ず日焼け止めをぬります。

食事でコラーゲンやヒアルロン酸をとる

食事やサプリメントでコラーゲンをとります。ヒアルロン酸も皮膚の乾燥を防ぐのに役立ちます。

シワに悩む女性のための正しいスキンケア教室

小ジワを深いシワにしないために今すぐしっかり保湿&UVケアを

シワとライスフォース

UV-Aが真皮の組織に傷をつけてシワができる

目元や口元に小さなシワをみつけると、肌の老化を実感してしまいますね。実際に小ジワは30代になるとあらわれる人多いようです。シワの最大の原因は、紫外線のなかのUV-Aです。UVAは皮膚の奥の真皮にまで達し、ダメージを与えます。真皮には肌の弾力を保つコラーゲンやヒアルロン酸がありますが、これらが傷つくことで弾力が失われシワができるのです。

エストロゲンが減るとコラーゲンも減少

コラーゲンやヒアルロン酸の量には、女性ホルモンのエストロゲンが関係しています。更年期を迎える頃にシワが増えるのはエストロゲンの減少によってコラーゲンやヒアルロン酸も減るためです。

更年期前の女性でも、ストレスなどによって女性ホルモンの分泌に影響が出ると、エストロゲンが減ってしまいます。そのほか、皮膚の乾燥や、いつも同じ表情をしているといった表情グセもシワに。小ジワをみのがしていると、やがて深いシワが刻まれるようにーできてしまったシワを深いシワにしないように、はやめにケアしましょう。

セルフケアの方法

ライスフォースで肌の乾燥を防ぐ

ライスフォース

乾燥を防ぐために、 ライスフォースの化粧水「ディープモイスチュアローション」や、保湿クリームの「ディープモイスチュアクリーム」で、しっかり保湿をしましょう。ぬるときは顔の中心から外に向かってぬるようにすると、シワやたるみの予防になります。ただし、肌をこすらないように気をつけて。

紫外線を防ぐ

日焼け止めを欠かさずぬりましよう、紫外線は曇りの日にも地表に届いているので、曇っていても油断は禁物。ガラスを通すので、車のなかや窓の側にいるときも注意が必要です。

レチノール配合の化粧品を使う

シワを改善するレチノール(ビタミンA)を含む化粧品を使います。肌に合わない人もいるので、少しずつ、様子をみながら使いましょう。

食事でコラーゲンやヒアルロン酸をとる

食事やサプリメントから、コラーゲンやヒアルロン酸を補給しましょう。食品では、鶏の手羽先やかれいなどに多く含まれています

アトピー性皮膚炎のケア

皮膚のかゆみと赤みがひどくて日常生活に支障が出ることも

アトピー

赤みをともなう湿疹と強いかゆみが起こるアトピー性皮膚炎は、赤みをともなう湿疹と強いかゆみが起こる病気。かゆみで夜も眠れなかったり、皮膚をかき壊してしまったり…。顔に湿疹が出れば外出もつらくなりますし、かゆみのために仕事や勉強に集中できなかったりすることも…。日常生活に支障をきたすケースもあるのです。

顔や首、ひじ、ひざに症状があらわれやすい

アトピー性皮膚炎は、もともとアレルギー体質をもっていて、皮膚のバリア機能が弱い人に起こります。皮膚の表面は角質細胞で覆われていて、角質細胞と角質細胞のすき間にはセラミドという天然保湿因子があります。

アトピー性皮膚炎は、セラミドなどの天然保湿因子が減りやすく、皮膚が乾燥してバリア機能が低下していると症状が強くなります。アレルギーがあったり、皮膚のバリア機能が低下していると、なにかに触れたり、こすれたり、汗をかいたりするだけで、皮膚への刺激となって湿疹やかゆみが起こります。

顔や首などの露出していて外からの刺激を受けやすい部分やひじの内側、ひざの裏側などの汗がたまりやすい部分に湿疹ができるのが特徴です。

アトピーがひどくなる仕組み

  • アレルギーを起こすものを食べる
  • アレルギーを起こす物質にさわる
  • ストレス
  • 疲れ
  • 細菌、カビ、ほこりなど
  • 保湿不足などによる皮膚の乾燥
  • かくことによる皮膚の刺激

炎症とかゆみを抑えるステロイド剤などを用いる

アトピー性皮膚炎がひどいときに、セルフケアだけで治すのは難しいもの。困ったら皮膚科を受診するのが一番です。

皮膚科では、皮膚の炎症やかゆみを抑えるために、ステロイド剤のぬり薬やタクロリムス軟膏を使います。ステロイド剤と聞くと、「副作用が心配」という人がいますが、副作用ならどんな薬にもありますし、ステロイド剤は何年も使いつづけないかぎり、強い副作用は起こりません。

使うべきときに使って、症状がよくなってきたら量を減らしていくのが賢い方法。かゆみを抑えるためには、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤などの飲み薬を使います。薬は正しく使わないと効果があらわれません。わからないことは医師や薬剤師に確認しましょう。

アトピーに使える化粧品は?

ライスフォースならおすすめできる

アトピー性皮膚炎の場合はなるべく化粧品などは使わない方が良いでしょう。とはいえ、仕事や人前に出る場合などにはスキンケアをしていきたいのが女心ですよね。

ライスフォースは保存料や合成着色料など肌に刺激のある成分を使用しておらず、またアレルギーテスト済みですので、比較的おすすめできる化粧品といえます。

ライスフォースでもダメなら皮膚科へ行こう

ライスフォースによる保湿が先決!それでもダメなら皮膚科へ

ライスフォースと美容液

乾燥肌や敏感肌をほうっておくとカサつきや肌荒れがひどくなってしまいます。

みなさんは朝晩スキンケアをしていると思いますが、洗顔をしてライスフォースの化粧水をつけたあと、きちんと保湿をしていますか?保湿剤とは、ジェルや乳液、クリームなど、保湿効果のある基礎化粧品のことです。どのタイプでもかまわないので、必ずひとつ用意しておきましょう。

ライスフォースの美容液をこまめに塗る

もちろんおすすめはライスフォースの「ディープモイスチュアエッセンス」です。ライスパワーエキスNo.11を最大容量配合した美容液で、保湿効果が抜群に高い保湿剤です。

すでに保湿剤を持っていて、使い心地がいいのであれば、そのまま使っていてかまいませんが、効果が少なければディープモイスチュアエッセンスに変え、少し多めにぬってみてください。保湿剤をこまめにぬって、皮膚を外部の刺激から守ってあげましょう。

きちんと保湿をすれば、肌にうるおいが戻ってきて、荒れにくくなります。

皮膚科では保湿剤やステロイド剤で治療する

皮膚科医

皮膚科では保湿剤の軟膏やステロイド剤のぬり薬などで乾燥肌を治療します。ひどくなる前に皮膚科で治療を受け、肌の状態がよくなったらセルフケアに切りかえるのもよい方法です。

保湿のセルフケアを2週間ほどつづけても改善しない場合には、皮膚科を受診しましょう。皮膚科では保湿剤の軟膏やステロイド剤のぬり薬などで乾燥肌を治療します。ひどくなる前に皮膚科で治療を受け、肌の状態がよくなったらセルフケアに切りかえるのもよい方法です。

ライスフォースによる敏感肌ケア入門

敏感肌の多くは乾燥によるバリア機能の低下が原因

敏感肌の女性

カサつきや肌荒れに悩む人のなかには「私は敏感肌だから…」とあきらめている人も多いようです。そもそも敏感肌とはどのような状態なのでしょうか?

敏感肌とは、皮膚がさまざまな刺激に敏感になっている状態をいいます。そのおもな原因は肌のバリア機能の低下です。皮膚の表面には角質層があって、皮膚を外部の刺激から守っています。

でも、肌の皮脂と水分が減って乾燥が進むと、肌表面の角質がはがれてしまうため、細菌などが皮膚に入り込みやすくなり、肌のバリア機能が低下するのです。

すると、炎症が起きたり、かぶれたりといった皮膚トラブルが起こりやすくなります。敏感肌というのはもともとの肌質ではなく、乾燥肌がベースにあって一時的あるいは長期的に肌が敏感になっている状態のことをさしているのです。

敏感肌も乾燥肌も改善策は同じくライスフォースを

ですから、敏感肌だと思っている人も、改善策は乾燥肌と同じです。ライスフォースなど保湿力のある化粧水を使って、たっぷり水分を与えるようにしてください。

なかには肌荒れの原因が化粧品などの特定の成分に対するアレルギーのこともありますが、その場合は原因となる化粧品を使わないようにすれば、敏感肌もよくなります。ライスフォースは保存料や香料など刺激のある成分を使っていないのでこの点でも安心といえます。

敏感肌さんの悩み相談室

Q:敏感肌はカブレやすくなるの?

敏感肌でなくてもかぶれることはあります。敏感肌は、肌のバリア機能が低下している状態なので、化粧品などにかぶれやすくなります。でも、敏感肌でなくても、化粧品の成分が肌に合わなければかぶれることがあります。

Q:頬がカサついてヒリヒリします。敏感肌だから、なにもしないほうがいい?

乾燥が原因のようです。もっと保湿ケアを!カサついてヒリヒリするのは、皮膚が乾燥している証拠です。なにもしないでいるとさらに乾燥が進み、症状が悪化してしまいます。皮膚の保湿をして、乾燥を防ぎましょう。

Q:愛用していた化粧水が急にしみるように…。これって、敏感肌になったということ?

長く使っていることでアレルギーが出ることもあります。最初はなんともなくても、長く使っているうちにアレルギー反応が出るケースはよくあります。一時的に肌が敏感になっているとしみることも。いったん使うのをやめて様子をみて。

Q:フェイスマッサージを受けたら肌が荒れてしまった

皮膚のこすりすぎは肌荒れの原因になります。マッサージなどによる強い刺激が皮膚に負担をかけ、炎症などの肌荒れを招くことも。乾燥がひどく、パリア機能が低下しているようなときは、マッサージを避けてください。

ライスフォースによる乾燥肌ケア入門

乾燥をほうっておくとカサカサ、シワシワかぶれまで!

ライスフォースと女性
あなたの肌もじつは乾燥してい流かもしれません。

「今までと同じスキンケアをしているのに、なんだか肌がカサついている」「肌にツヤがなく疲れてみえる」「ファンデーションのノリがわるくて、メークが決まらない」…。これらはすべて、肌が乾燥しているサイン。自分では「オイリー肌」や「ノーマル肌」と思い込んでいてもじつは乾燥している人が多いのです。ライスフォースを使う前に、まず乾燥肌チェックで確認してみましょう。

乾燥肌チェックの方法

洗顔後、なにもつけずに20分ほど待ちます。その後、肌の状態をチェックしてみましょう。

  1. ツッパリ感が強い
  2. カサカサしている
  3. しわしわしている
  4. ヒリヒリして痛い

1つでも当てはまっていたら肌が乾燥しています!すると次のような障害が起きます。

カサカサして老けてみえる

うるおいの不足したカサカサの肌や白く粉をふいたような肌では、実際の年齢よりも老けてみえてしまうことが…。

小ジワができやすくなる

乾燥肌をほうっておくと「ちりめんジワ」と呼ばれる小ジワができやすくなります。やがて深いシワになってしまうことも。

ライスフォースによる乾燥肌ケア方法

乾燥肌

乾燥肌というと皮脂が少ないというイメージがあります。でも実際は、皮脂だけでなく水分も不足しています。皮脂の分泌量や肌の水分量は、年齢とともに減っていくのです。肌の水分量は、真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸と関係しています。

これらには水分を抱え込む性質があるため、十分な量があるうちは、肌はみずみずしくうるおっています。でも、加齢などで減少すると、肌の水分が不足して、乾燥してしまうのです。

ライスフォースはこの水を抱え込む性質(水分保持機能)を改善する効果があります。ライスフォースの化粧水である「ディープモイスチュアローション」を500円玉サイズにして手に取り、肌へやさしく染み込ませてください。

カサついた肌は、老けてみられやすいもの。ほうっておくとシワになったり、かぶれたり…肌荒れの原因になることも!とにかくライスフォースで保湿ケアをすることが大切なのです。